むち打ちを初めとする交通事故の治療。後遺症を残したくない人の為のサイト。交通事故むち打ちに遭われた方が治療が終わった後、元気な笑顔になる治療院。

むち打ち治療.jpg

m7.gifm7.gifm5.gifm5.gifm6.gifm6.gifr6.gifm3.gifm3.gif

後遺障害等級申請と示談交渉

後遺障害等級申請

kouisyougaitoukyou.jpgこれは、不幸にも交通事故にあってしまい、治療をして6ヶ月経過した際、症状が取れ切らず、残念ながら後遺症が残り、後遺症の等級を取りたいと思った際に行うものです。
この場合は行政書士を利用すると良いと思います。
任意保険の中には弁護士費用等補償特約というのが有り、こちらの契約を結ばれている方は無料で行政書士の利用ができます。
任意保険に入っている方は一度確認してみると良いでしょう。

示談交渉

jidankousyou.png示談交渉は、後遺障害等級の申請を行うのを良しとせず、争う場合や、それを待たずして示談交渉をする際の話です。
弁護士にお願いすることになるのですが、こちらも任意保険によっては特約があります。
弁護士費用等補償特約とういものがあり、ご自身の任意保険がある場合は問合わせたほうが良いかと思います。

行政書士の紹介

ヨネツボ行政書士法人
代表の米中行政書士と副代表の大坪行政書士が共同経営する交通事故後遺障害手続(異議申立を含む)の専門事務所。
東京・京都・滋賀・静岡など全国の行政書士会や支部から講師として招かれ、また、平成18年度日本行政書士会連合会運輸交通部ワーキンググループ委員として、行政書士向け自賠責保険の実務テキストの編集に携わる。

行政書士 宮本 隆志
1963年生まれ
中央大学法学部法律学科卒業
法律資格の受験指導予備校 ( LEC ) と、国際交流事業と会員制ホテルの運営を行う財団法人 ( 国際文化会館 ) の総務部経理課の勤務を経て、宮本行政書士事務所を開設する。

弁護士の紹介

弁護士 丸井 英弘
国際キリスト教大学教養学部社会科学科に1963年に入学、社会科学関係の諸学問を学び1968年に卒業。
同大学を卒業すると同時に司法試験に挑戦するため、東京教育大学文学部法律政治学専攻課程に入学。
1971年司法試験合格。
1972年司法研修所に入所して司法修習生になり、1974年3月に司法研修所を卒業。
同年4月、東京共同法律事務所に入所、弁護士活動を開始し1977年に独立。国分寺で武蔵野共同法律事務所を開設して現在に至る
【主な事件・取扱業務】 ・一般民事事件 ・公害・行政事件 ・国家賠償請求事件 ・労働関係事件 ・刑事事件